ケーブル配管支持金物 ゆるみ箇所:アンカーボルトとUボルトの締結箇所

2021.08.19
ケーブル配管支持金物 ゆるみ箇所:アンカーボルトとUボルトの締結箇所
ケーブル配管支持金物 ゆるみ箇所:アンカーボルトとUボルトの締結箇所

概要

ケーブル支持金物は高速道路の側壁等に配管を固定する際に用いられる支持金物です。支持金物をアンカーボルトで固定し、Uボルトやクランプで配管を固定します。

 

ゆるみトラブルの主な原因

・ボルト軸直角方向の繰り返し外力によるゆるみ(Uボルト)

・ボルト軸方向の繰り返し外力によるゆるみ(アンカーボルト)

トラックやバスという重量車両が通過する際に発生する車両振動や車両風圧などにより、時間の経過とともにねじがゆるみ、軸力の低下が発生します。

 

現状の対策と課題

・ダブルナットを使用して羽交い絞めによるロッキングが現場では実施できていない場合、振動でねじのゆるみが発生する可能性があります。

・ダブルナットを使用して羽交い絞めによるロッキングをしている場合でも、十分ではないため、ねじがゆるんだり締結時に軸力が低い状態が多く、Uボルトのガタツキの原因になっています。

・戻り止めナットを使用した場合、ボルトへ螺入する際にめっきを剥離させる種類のものがあり、その場合はボルトの腐食を加速させ、折損させる原因ともなっています。

 

解決事例

【ハードロックナット】  製品情報はこちらから

・ねじがゆるまないため安全性が格段に向上しました。

・適切な締付け管理が可能となり、Uボルトのガタツキが無くなりました。

・ダブルナットの羽交い絞めによるロッキング作業と違って、施工が誰でも簡単に短時間で作業ができるようになりました。

事例の概要

採用製品 ハードロックナット
ゆるみの要因 ・ボルト軸直角方向の繰り返し外力によるゆるみ(Uボルト)
・ボルト軸方向の繰り返し外力によるゆるみ(アンカーボルト)
従来の締結方法 ・ダブルナット
・戻り止めナット

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。