スネアドラムのラグ部

2020.09.26

緩みの原因

ボルト軸方向繰返し外力によるゆるみ、被締結体のへたり・なじみ等、塑性変形による非回転ゆるみ

チューニングボルトがゆるんでしまうためその都度再調整をしていた。

チューニングボルトがゆるんでしまうためその都度再調整をしていた。

演奏中にドラムのチューニングボルト(ヘッドを張るためのフレームについたボルト)がゆるんでヘッドの張りが変化することにより、微妙に打音が変わってしまうことがあった。故に、その都度、奏者が再調整を行っていた

ハードロック化することによりチューニングボルトのゆるみを抑え、打音の変化を解消し演奏中の調整作業が不要となった。

ハードロック化することによりチューニングボルトのゆるみを抑え、打音の変化を解消し演奏中の調整作業が不要となった。

専用のラグナット(チューニングボルトの受け側のナット)をハードロック化することによりチューニングボルトのゆるみを抑え、打音の変化を解消し演奏中の調整作業が不要となった。プロのドラマーの監修による専用工具付きのセット販売で利便性も図っている。

スネアドラムのラグ部はチューニングボルトがゆるみ打音が変わってしまうことが多々あります

今回の事例では、スネアドラムのラグ部のチューニングボルトをハードロック化することによりチューニングボルトのゆるみを抑え、打音の変化を解消し調整を不要としました。

実績の詳細

製品 ハードロックナット
緩みの原因 ボルト軸方向繰返し外力によるゆるみ、被締結体のへたり・なじみ等、塑性変形による非回転ゆるみ
サイズ
採用場所 スネアドラムのラグ部
業界 特殊用途
備考

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。