スマートハウスの軽量鉄骨躯体締結

2020.09.23

緩みの原因

ボルト軸方向繰り返し外力・ボルト軸直角方向繰り返し外力によるゆるみ。

従来は建築基準法に基づき、ゆるみ止め対策を行っていた

従来は建築基準法に基づき、ゆるみ止め対策を行っていた

従来は建築基準法に基づき、軽量鉄骨接合部の締結にはシングルナットにスプリングワッシャーを使用してゆるみ止め対策を行っていた

東日本大震災後の2012年より、更なる安全性の向上を目的としてハードロックナットを採用、安全性の向上が実現!

東日本大震災後の2012年より、更なる安全性の向上を目的としてハードロックナットを採用、安全性の向上が実現!

東日本大震災後の2012年より、更なる安全性の向上を目的としてハードロックナットを採用したことにより100年発想のスマートハウスの躯体締結への信頼性が大幅に高まった。

住宅などの建築物には、耐震性や安全性が当然求められます。

その耐震性や安全性を強化するために壁の補強や基礎の補強など様々な対策を講じることができます。

今回の事例では、耐震性や安全性の向上のため軽量鉄骨の接合部の躯体に対してハードロックナットを採用し安全性の向上とゆるみ止め対策を。実現しました。

実績の詳細

製品 ハードロックナット
緩みの原因 ボルト軸方向繰り返し外力・ボルト軸直角方向繰り返し外力によるゆるみ。
サイズ
採用場所 スマートハウスの軽量鉄骨躯体締結
業界 戸建住宅
備考

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。