ビルの免振装置固定用

2020.12.16

主な採用理由

低軸力での締結のため

ダブルナット仕様

ダブルナット仕様

ダブルナットの仕様では、ねじのサイズが大きく物理的に正しい羽交い絞めが 出来ず、ゆるみ問題を解消出来なかった。

ダブルナットでは低硬度の柔らかい防振ゴムに適する低軸力の締結でかつ、ゆるみ止め効果を発揮させる事が出来なかった。

HLN化

HLN化

ハードロックナットは羽交い絞めをせず、凸ナットを締めて、凹ナットを順番に締めることで締結が可能で作業が楽になった。

ハードロックナットは、低硬度の柔らかい防振ゴムの低軸力の締結でもゆるみ止め効果が得られた。

ハードロックナットは、凸ナットで軸力を与え、凹ナットはロック機能で軸力に影響を与えないので軸力管理が可能となった。

ビルの免振装置には振動吸収するための防振ゴムの締結を行う必要があります。

特に、この装置での”ねじ締結”は低硬度で柔らかい材質の防振ゴムが挿入されるため、

締結物を固定するためのトルクを低くしなければなりません。又、低いトルクでも緩みがあってはならない箇所です。

つまり、低トルクでかつ緩まない課題を解決できるため、ハードロックナットが採用されました。

ハードロックナットは凹凸ナット間に楔の原理を応用したもので、締付けナットである凸ナットを座面陥没しない程度で締付けた後、ロックナットの凹ナットを締めつけることで締結するので、ねじのゆるみが解消されました。

実績の詳細

製品 ハードロックナット
サイズ M22~M36 S45C 三価クロメート
採用箇所 ビルの屋上の免振装置のアンカー部
業界 建築
備考

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。