乗用草刈機のフリーナイフ  ゆるみ箇所:フリーナイフの取付け箇所

2021.07.02
乗用草刈機のフリーナイフ  ゆるみ箇所:フリーナイフの取付け箇所
乗用草刈機のフリーナイフ  ゆるみ箇所:フリーナイフの取付け箇所
乗用草刈機のフリーナイフ  ゆるみ箇所:フリーナイフの取付け箇所

概要

草刈機には、乗用草刈機と自走草刈機(歩行草刈機)の2種類があります。

刈刃にもロータリーナイフ式とハンマーナイフ式に分類されます。

又、ロータリーナイフ式には、3種類のタイプ(バーナイフタイプ、フリーナイフタイプ、クロスナイフタイプ)があります。

特にフリーナイフタイプに関しては、障害物や石に当たってもフリーナイフが逃げるため、バーナイフやクロスナイフより石や障害物に強いタイプになっています。

 

ゆるみトラブルの主な原因

・ボルト軸回り繰り返し外力によるゆるみ

・ボルト軸方向繰り返し外力によるゆるみ

フリーナイフの特性上、ナイフをねじで強く固定できないため、大きな石や障害物に当たると、大きな衝撃ですぐにねじがゆるみフリーナイフが外れる場合があります。

 

現状の対策と課題

・キャッスルナットと割ピンでの締結では低い軸力でフリーナイフを取り付けなければならない為、ガタが発生し頻繁な点検が必要です。

・ねじのゆるみのトラブルによって作業者は頻繁な点検作業やフリーナイフの交換作業をしなければならないため、肉体的負荷が非常に大きいです。

・ねじがゆるみフリーナイフが外れることは、作業者にとって不安要素の一つです。

 

解決事例

【ハードロックナット】  製品情報はこちらから

・低軸力でもゆるまないため、フリーナイフの機能を十分発揮させることができるようになりました。

・ねじのゆるみによる頻繁な増し締め作業や交換作業がなくなったため、作業者の負担が大きく軽減されました。

・メンテナンス周期が延び、コスト削減につながりました。

・作業効率が大幅に向上しました。

 

株式会社オーレック様 製品サイトはこちらから

事例の概要

採用製品 ハードロックナット
採用箇所 乗用草刈機のフリーナイフの取付け箇所
ゆるみの要因 ・ボルト軸回り繰り返し外力によるゆるみ
・ボルト軸方向繰り返し外力によるゆるみ
採用理由 低軸力での確実な締結

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。