高層建築外壁締結部

2020.09.18

緩みの原因

ボルト軸直角方向繰返し外力による ゆるみ。熱的原因によるゆるみ。

アルミの膨張により特有の音鳴りが発生し不具合の原因となっていた。

アルミの膨張により特有の音鳴りが発生し不具合の原因となっていた。

高層建築外壁部において採用されるアルミのカーテンウォールは金属ファスナーを用いて取付けられるが、従来の高トルクではアルミの膨張により特有の音鳴りが発生し不具合の原因となっていた。

適正トルク で制御し上ナットでゆるみを防止、軸力管理することにより音鳴りを解消!

適正トルク で制御し上ナットでゆるみを防止、軸力管理することにより音鳴りを解消!

ハードロックナットに変更することで音鳴りしない適正トルク で制御し上ナットでゆるみを防止、軸力管理することで音鳴り現象もなくなった。

高層建築では外壁にカーテンウォールを取り付けますが、そのカーテンウォールに太陽光などの熱が与えられ熱伸びすることによってカーテンウォール部材が擦れて有害な音が出ることがあります。

今回の事例では、ハードロックナットを使用することによりハードロックナットに変更することで音鳴りしない適正トルク で制御し上ナットでゆるみを防止、軸力管理することで軸力を管理し有害な音の発生を防止した事例をご紹介いたします。

実績の詳細

製品 ハードロックナット
緩みの原因 ボルト軸直角方向繰返し外力による ゆるみ。熱的原因によるゆるみ。
サイズ
採用場所 高層建築外壁締結部
業界 建築・建築設備
備考

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。