高速鉄道車両ワイパー駆動軸部 ゆるみ箇所:ワイパー駆動軸部の固定箇所

2021.07.09
高速鉄道車両ワイパー駆動軸部 ゆるみ箇所:ワイパー駆動軸部の固定箇所
高速鉄道車両ワイパー駆動軸部 ゆるみ箇所:ワイパー駆動軸部の固定箇所

概要

高速鉄道車両に装備されるワイパーは降雨・降雪等によりフロントガラスに付着した水・氷、海水または泥水を払拭し運転者の視界を確保する装置です。

 

ゆるみトラブルの主な原因

・ボルト軸回り方向繰り返し外力によるゆるみ

ワイパーブレードを支持する軸部が*高速で何度も可動させる必要があるため、軸部のねじ締結に関しては、高いトルクで締付けることができません。従って、ボルト軸回りの繰り返し外力がかかれば、早い段階ですぐにねじがゆるみます。

(*高速可動の場合は60回/分、可動角度は110°)

 

現状の対策と課題

・特殊タイプの座金にてゆるみ止め対策を行っていたが、強く締め付けないと効果が出ない商品であるため、スムーズにワイパーが可動できる締付け状態にすると、すぐにゆるんでくるため、定期的な増し締め作業が発生しています。

 

解決事例

【ハードロックナット】  製品情報はこちらから

・ワイパーが円滑に可動できる締付け状態にしても、ねじがゆるまなくなり増し締め作業が不要となりました。

・ワイパーが可動のトラブルがなくなることで、運転手の精神的ストレスが解消され、快適な運転走行が可能になりました。

 

 

事例の概要

採用製品 ハードロックナット
ゆるみの要因 ・ボルト軸回り方向繰り返し外力によるゆるみ

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。