ねじ締結体のゆるみ寿命推定法・残存軸力予測法(前編:基本的な考え方)

2021.07.27

外部の専門家の方に寄稿頂くシリーズ第2回目です。

今回も寄稿者は、東京都立大学システムデザイン学部客員研究員の晴山工学博士です。筆者はねじのゆるみに困っていた現場経験から、ゆるみ寿命推定法の開発に着手されてきた中でのゆるみ寿命推定法・残存軸力予測法の基本的な考え方を述べられています。



印は入力必須項目となっております。

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。