ねじ締結技術における課題とその動向

2021.06.02

外部の専門家の方に寄稿頂く第1回目

今回の投稿者は東京都立大学 大学院 客員研究員 晴山工学博士 テーマは「ねじ締結技術における課題とその動向」です。

筆者は長く建設機械・産業車両メーカーで構造部の強度評価を担当された中で多くの「ねじトラブル」を経験されています。

「ねじ締結体の信頼性」を如何に保つかの技術開発に取り組んでこられた現場視点での技術寄稿です。

 



印は入力必須項目となっております。

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。