内力計数Φを用いたボルト締結体の設計法-中空円筒ボルト締結体の場合- vol.1(1)

2021.11.02

ボルト締結体を設計する上で重要な要素である内力係数Φの値について、中空円筒を用いたボルト締結体の場合について述べます。

本稿の構成は3部構成です。今回は1部の前編として、従来広く用いられてきたThum & Debus の式を用いた内力係数Φを求める方法について述べます。



印は入力必須項目となっております。

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。