コンテナクレーン ゆるみ箇所:構造関係、巻上関係、横行関係、起伏関係、走行関係、付帯装置、電気関係の締結箇所

2021.06.22
コンテナクレーン ゆるみ箇所:構造関係、巻上関係、横行関係、起伏関係、走行関係、付帯装置、電気関係の締結箇所
コンテナクレーン ゆるみ箇所:構造関係、巻上関係、横行関係、起伏関係、走行関係、付帯装置、電気関係の締結箇所
コンテナクレーン ゆるみ箇所:構造関係、巻上関係、横行関係、起伏関係、走行関係、付帯装置、電気関係の締結箇所
コンテナクレーン ゆるみ箇所:構造関係、巻上関係、横行関係、起伏関係、走行関係、付帯装置、電気関係の締結箇所

概要

コンテナ は、港湾の埠頭に設置され、コンテナ船に対して海上コンテナの積み下ろしを行う設備で構造関係、巻上関係、横行関係、起伏関係、走行関係、付帯装置、電気関係で構成されています。

 

ゆるみトラブルの主な原因

・初期ゆるみ

・ボルト軸方向繰り返し外力によるゆるみ

・ボルト軸直角方向繰り返し外力によるゆるみ

・ボルト軸回り繰り返し外力によるゆるみ

コンテナクレーン本体は港湾に設置されているので、常時海からの風圧を受け、ねじ締結部がゆるみやすい状態になっています。

また、コンテナを上下左右に移動させる時の繰り返し荷重やクレーン本体の移動によるねじ締結部への衝撃により、ねじがゆるむ場合があります。

特に長穴の締結箇所はゆるみが発生する可能性があります。

 

現状の対策と課題

・ねじ締結箇所は、戻り止め部品を使っていますが十分な解決には至らず、定期的に増し締め作業を行っています。

・ねじがゆるむため、メンテナンスに膨大な時間と労力がかかっています。

・メンテナンスには常に危険がともない、作業者には大きな肉体的・精神的な負担となっています。

 

解決事例

【ハードロックナット】 製品情報はこちらから

・コンテナクレーン自体の稼働率も向上しました。

・定期点検の期間を延ばすことができ、増し締め作業も緩和され、保守管理作業が大幅に低減もでき、メンテナンスコストの削減を実現しました。

・作業者の肉体的・精神的な負担が大幅に軽減されました。

事例の概要

採用製品 ハードロックナット
採用箇所 コンテナクレーン設備 全般
構造関係、巻上関係、横行関係、起伏関係、走行関係、付帯装置、電気関係の締結箇所
ゆるみの要因 ・初期ゆるみ
・ボルト軸方向繰り返し外力によるゆるみ
・ボルト軸直角方向繰り返し外力によるゆるみ
・ボルト軸回り繰り返し外力によるゆるみ

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。