お問い合わせ

トンネル照明装置 ゆるみ箇所:灯具取り付け及びケーブル固定箇所

2022.01.31
トンネル照明装置 ゆるみ箇所:灯具取り付け及びケーブル固定箇所
トンネル照明装置 ゆるみ箇所:灯具取り付け及びケーブル固定箇所
トンネル照明装置 ゆるみ箇所:灯具取り付け及びケーブル固定箇所

概要

トンネルを走行する運転者が前方の障害物を安全な距離から視認する為に必要な明るさを確保するための照明です。原則としてトンネル全長に渡り灯具を一定区間配置します。

 

ゆるみトラブルの主な原因

・ボルト軸直角方向の繰返し外力によるゆるみ

・ボルト軸方向の繰返し外力によるゆるみ

トラックやバスという重量車両が通過する際に発生する車両による振動や風圧により、時間の経過とともにねじのゆるみが発生します。

ゆるみによる部品落下やケーブルの脱落は、高速で走行している車に当たれば重大事故につながる可能性がある為ゆるみを起こすことは

許されません。

 

現状の対策と課題

・ダブルナットの場合は、羽交い絞めが必要ですが、取り付け箇所は羽交い絞めがしにくい箇所で締結が不完全です。

・戻り止めナットの場合は、ナットを螺入する時、ボルトのメッキを剥離させる場合があり、腐食の原因になります。

 

解決事例

【ハードロックナット】 製品情報はこちらから

・ねじがゆるまないので、部品落下の危険がなくなり安全性が各段に向上しました。

・羽交い絞めが不要で、取り付けや点検時間が短くなり作業性が向上しました。

・灯具破損時に交換作業が簡単で短時間で行えるので車線規制などの時間を削減できました。

事例の概要

採用製品 ハードロックナット
ゆるみの要因 ・ボルト軸直角方向の繰返し外力によるゆるみ
・ボルト軸方向の繰返し外力によるゆるみ
従来の締結方法 ・ダブルナット
・戻り止めナット

ねじ締結にお悩みの方はお気軽に
ご相談ください

ねじのゆるみでお困りの方は、下のボタンをクリックしお気軽にご相談ください。

相談・問い合わせをする

ハードロック工業の製品情報やCADデータなどは公式ホームページでご覧いただけます。