排煙脱硫装置(海水脱硫法) ゆるみ箇所:配管フランジ締結他

2021.10.20
排煙脱硫装置(海水脱硫法) ゆるみ箇所:配管フランジ締結他
排煙脱硫装置(海水脱硫法) ゆるみ箇所:配管フランジ締結他

概要

「脱硫」とは、読んで字の如く、石油工業やガス工業において有害な硫黄分を取り除くことです。脱硫方法にも幾つか種類があり、ここで挙げる「海水脱硫法」は「石灰石・石膏法」と比較してシンプルな構成のため、初期導入コストが安価で済みます。硫黄の吸収剤として海水を使用するため、大量の海水を使用する大型火力発電所への採用が適しております。当該システムでは、副生成物が発生せず、脱硫後の海水は曝気処理・無害化されて海に戻されます。

 

ゆるみトラブルの主な原因

・ボルト軸方向繰り返し外力によるゆるみ

・ボルト軸直角方向繰り返し外力によるゆるみ

配管をガスが流れる際に発生する振動や、海中での繰り返し波浪荷重をうけることで、ねじのゆるみが発生しています。

フランジ締結はボルトの軸力を均一にすることが困難であるため、軸力の低い箇所に応力が集中し、ねじのゆるみが発生することが頻繁にあります。

 

現状の対策と課題

・ねじがゆるむため戻り止め部品を使用していても、長期間にわたり配管自体にかかる振動や海中での波浪荷重でねじのゆるみが発生するため、定期的な増し締め作業が必要です。

 

解決事例

【ハードロックナット】  製品情報はこちらから

・例えフランジ締結時にボルトの軸力がばらついたとしても、軸力の低い箇所からねじがゆるんでガスが漏れるというトラブルがなくなりました。

・保守の期間が延び、増し締め作業が軽減されることにより、大幅なコスト削減に繋がりました。

・発電所の稼働率が向上しました。

事例の概要

採用製品 ハードロックナット
ゆるみの要因 ・ボルト軸方向繰り返し外力によるゆるみ
・ボルト軸直角方向繰り返し外力によるゆるみ

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。