高速道路遮音壁

2020.09.26

緩みの原因

ボルト軸方向繰返し外力によるゆるみ。微動摩耗によるゆるみ

遮音壁の落下防止ワイヤーが老朽化により腐食し、落下事故が発生、危険性が強く指摘された

遮音壁の落下防止ワイヤーが老朽化により腐食し、落下事故が発生、危険性が強く指摘された

全国の高速道路で遮音壁の落下防止ワイヤーが老朽化により腐食し、落下事故が発生した。

上記事象を受け、風・振動環境下における遮音板落下や転倒の危険性が強く指摘された。

ハードロック構造のターンバックルの採用により部分交換のみで安全性も確認され、保守管理作業の削減にも貢献!

ハードロック構造のターンバックルの採用により部分交換のみで安全性も確認され、保守管理作業の削減にも貢献!

本来、遮音壁本体ごと交換が一般的であったがハードロック構造のターンバックルの採用により部分交換のみで安全性も確認され、改良対策に役立っている。

ターンバックル仕様のハードロックナット使用後、保守管理作業も低減(メンテ周期延長)できた。

高速道路遮音壁は車両通過の振動や風圧からゆるむことが多々あります。遮音壁の落下防止ワイヤーが老朽化により腐食し、落下事故が発生していました。

今回の事例では、ハードロック構造のターンバックルの採用により部分交換のみで安全性も確認され、保守管理作業の削減にも貢献大幅なコスト低減を実現しました。

実績の詳細

製品 ハードロックナット
緩みの原因 ボルト軸方向繰返し外力によるゆるみ。微動摩耗によるゆるみ
サイズ
採用場所 高速道路遮音壁
業界 道路
備考

締結に関するあらゆる課題をユーザー様と共に解決します

ゆるみ止め対策をしたい

現場作業のミスを防止したい

特注仕様で締結部品が欲しい

保全点検工数を削減したい

耐久性を追求したい

そんなご相談はハードロック技術ナビにご相談ください!
各種試験の実施
や特注品開発、締結方法のご提案など幅広いアプロ―チで課題解決をお手伝いします。